心も体も落ち着ける家作りに

絶対に妥協せずに、最後まで楽しんで!

いざ家を買うとなると、内装やら土地選び、はたまた業者選びまで選ぶことが多すぎて嫌になってしまうかもしれません。

でもそこが踏ん張りどころなんです。考えてもみてください。今後数十年は住むことになる、言わば終の棲家になる可能性が高いわけです。

ちょっと一時選ぶのに疲れたからといって、テキトーに決めちゃいけません!

一から十まで自分で選べるなんて、考えてみれば贅沢な話じゃありませんか?フローリングの柄にしても、何百種類もあるわけです。その中から自分好みのものを選べるわけです。壁紙だって同じ。電気のスイッチだって何種類からあります。

世の中オーダーメイドのものはいろいろありますが、これほど自由度の高いものは他にありません。最後まで楽しんで選んでくださいね!

大切なのは「夫婦仲」

実は家造りの際に、予想もしない大きな障害にぶち当たってしまう方々がたまにいらっしゃいます。 そう、「夫婦の温度差」ですね。 一番よく見られるのは、働いている旦那様がとても熱心で、専業主婦やパートの奥様が置いてけぼりになっているケースです。 でも奥様方!そこで諦めてはいけません。なんといってもその家で一番長い時間を過ごすのはおそらく奥様なのですから。もっと言うと、奥様が気に入らないような表情であれば、旦那様のぐいぐいと話を進めるということは無いと思います。 「ちょっと我慢しようかな……」ではなく、言いたいことは全て言ってしまいましょう!それが良い家づくり、ひいては良い夫婦仲の秘訣です! もちろん、旦那様もちゃんと奥様の話も聞いてあげてくださいね。

狭小住宅は敷地を広く取るのが難しい立地に多く見られる住宅様式です。限られた敷地内で部屋数を確保するため、建物の階層が高くなる傾向があります。また、廊下や階段が狭いので入居時は注意が必要です。